Home

Photo: Jemie Kelter Davis

日本の女性シンガー・ソングライターの草分け的存在として知られる金延幸子。音楽好きの家庭で育ち、60年代半ばからカレッジフォーク・シーンをきっかけとしてギターと歌を始める。ドノヴァン、ペンタングルなどのUKフォークのパイオニアたちを聴きながらギターと作曲を学び、69年に中川イサトらと”秘密結社〇〇教団”のメンバーとしてシングル「あくまのお話し / アリス」でURCから作曲とレコーディングデビュー。のち同メンバーで”愚”として活動。はっぴいえんど、遠藤賢司らと同期に春一番、中津川フォークジャンボリーなどのフェスティバルに出演し、72年に大滝詠一プロデュースのシングル「時にまかせて」、細野晴臣プロデュースのアルバム「み空」でソロ・デビューする。直後に世界初のロック評論誌「クロウダディ!」を創刊した音楽ライターポールウィリアムズと結婚して渡米し、いずれカリフォルニア州のソノマ地域に移住する。親友であったSF作家フィリップ・K・ディックの主張により、80年代に音楽活動を再起し、シングル「Fork in the Road / Tokyo Song」を自主制作する。80-90年代にはロック・バンド “カルチャーショック” のリーダーとしてアメリカ、ヨーロッパで活躍。94年に日本の音楽シーンに復帰。98年には『Fork in the Road』、99年には『Sachiko』を発表。同期に国内で「み空」のリイシューがされ、再評価される。2019年に米Light In The Attic レーベルから「み空」のリイシューされ、世界的に評価される。現在はアメリカ、ヨーロッパ、日本でライブ活動を再起している。

Sachiko Kanenobu is a singer-songwriter, who’s first solo album “Misora” (left) is a touchstone in the history of Japanese folk-rock of the 70’s. Light In The Attic Records has re-released Misora, available now. Earlier, LITA issued a compilation of songs from that era, “Even A Tree Can Shed Tears: Japanese Folk & Rock 1969-1973”, which featured  her song “Anata Kara Toku E”.

“Aside from Happy End, the groundbreaking band that had a song on the “Lost in Translation” soundtrack in 2003, most of the figures in Light in the Attic’s new Japan Archival Series have never had their music released in the West before.
But for years an avid collector community has been circulating their work and gathering string on the cast of characters: the enigmatic, smoky-voiced Maki Asakawa; Hachimitsu Pie, whose name (which means “honey pie”) was a bilingual nod to the Beatles; and Sachiko Kanenobu, a songbird who ended up in Philip K. Dick’s circle in California.”

From “The Hidden History of Japan’s Folk-Rock Boom” in the New York Times

Photo: Jemie Kelter Davis

日本の女性シンガー・ソングライターの草分け的存在として知られる金延幸子。音楽好きの家庭で育ち、60年代半ばからカレッジフォーク・シーンをきっかけとしてギターと歌を始める。ドノヴァン、ペンタングルなどのUKフォークのパイオニアたちを聴きながらギターと作曲を学び、69年に中川イサトらと”秘密結社〇〇教団”のメンバーとしてシングル「あくまのお話し / アリス」でURCから作曲とレコーディングデビュー。のち同メンバーで”愚”として活動。はっぴいえんど、遠藤賢司らと同期に春一番、中津川フォークジャンボリーなどのフェスティバルに出演し、72年に大滝詠一プロデュースのシングル「時にまかせて」、細野晴臣プロデュースのアルバム「み空」でソロ・デビューする。直後に世界初のロック評論誌「クロウダディ!」を創刊した音楽ライターポールウィリアムズと結婚して渡米し、いずれカリフォルニア州のソノマ地域に移住する。親友であったSF作家フィリップ・K・ディックの主張により、80年代に音楽活動を再起し、シングル「Fork in the Road / Tokyo Song」を自主制作する。80-90年代にはロック・バンド “カルチャーショック” のリーダーとしてアメリカ、ヨーロッパで活躍。94年に日本の音楽シーンに復帰。98年には『Fork in the Road』、99年には『Sachiko』を発表。同期に国内で「み空」のリイシューがされ、再評価される。2019年に米Light In The Attic レーベルから「み空」のリイシューされ、世界的に評価される。現在はアメリカ、ヨーロッパ、日本でライブ活動を再起している。

Sachiko Kanenobu is a singer-songwriter, who’s first solo album “Misora” (left) is a touchstone in the history of Japanese folk-rock of the 70’s. Light In The Attic Records has re-released Misora, available now. Earlier, LITA issued a compilation of songs from that era, “Even A Tree Can Shed Tears: Japanese Folk & Rock 1969-1973”, which featured  her song “Anata Kara Toku E”.

“Aside from Happy End, the groundbreaking band that had a song on the “Lost in Translation” soundtrack in 2003, most of the figures in Light in the Attic’s new Japan Archival Series have never had their music released in the West before.
But for years an avid collector community has been circulating their work and gathering string on the cast of characters: the enigmatic, smoky-voiced Maki Asakawa; Hachimitsu Pie, whose name (which means “honey pie”) was a bilingual nod to the Beatles; and Sachiko Kanenobu, a songbird who ended up in Philip K. Dick’s circle in California.”

From “The Hidden History of Japan’s Folk-Rock Boom” in the New York Times

About

Photo: Jemie Kelter Davis

日本の女性シンガー・ソングライターの草分け的存在として知られる金延幸子。音楽好きの家庭で育ち、60年代半ばからカレッジフォーク・シーンをきっかけとしてギターと歌を始める。ドノヴァン、ペンタングルなどのUKフォークのパイオニアたちを聴きながらギターと作曲を学び、69年に中川イサトらと”秘密結社〇〇教団”のメンバーとしてシングル「あくまのお話し / アリス」でURCから作曲とレコーディングデビュー。のち同メンバーで”愚”として活動。はっぴいえんど、遠藤賢司らと同期に春一番、中津川フォークジャンボリーなどのフェスティバルに出演し、72年に大滝詠一プロデュースのシングル「時にまかせて」、細野晴臣プロデュースのアルバム「み空」でソロ・デビューする。直後に世界初のロック評論誌「クロウダディ!」を創刊した音楽ライターポールウィリアムズと結婚して渡米し、いずれカリフォルニア州のソノマ地域に移住する。親友であったSF作家フィリップ・K・ディックの主張により、80年代に音楽活動を再起し、シングル「Fork in the Road / Tokyo Song」を自主制作する。80-90年代にはロック・バンド “カルチャーショック” のリーダーとしてアメリカ、ヨーロッパで活躍。94年に日本の音楽シーンに復帰。98年には『Fork in the Road』、99年には『Sachiko』を発表。同期に国内で「み空」のリイシューがされ、再評価される。2019年に米Light In The Attic レーベルから「み空」のリイシューされ、世界的に評価される。現在はアメリカ、ヨーロッパ、日本でライブ活動を再起している。

Sachiko Kanenobu is a singer-songwriter, who’s first solo album “Misora” (left) is a touchstone in the history of Japanese folk-rock of the 70’s. Light In The Attic Records has re-released Misora, available now. Earlier, LITA issued a compilation of songs from that era, “Even A Tree Can Shed Tears: Japanese Folk & Rock 1969-1973”, which featured  her song “Anata Kara Toku E”.

“Aside from Happy End, the groundbreaking band that had a song on the “Lost in Translation” soundtrack in 2003, most of the figures in Light in the Attic’s new Japan Archival Series have never had their music released in the West before.
But for years an avid collector community has been circulating their work and gathering string on the cast of characters: the enigmatic, smoky-voiced Maki Asakawa; Hachimitsu Pie, whose name (which means “honey pie”) was a bilingual nod to the Beatles; and Sachiko Kanenobu, a songbird who ended up in Philip K. Dick’s circle in California.”

From “The Hidden History of Japan’s Folk-Rock Boom” in the New York Times

News

Misora to be re-released by Light In The Attic Records

Light In The Attic’s Japan Archival Series continues withSachiko Kanenobu’s Misora, a timeless classic of intricate finger-picking, gently soaring melodies and rustic Laurel Canyon mysticism, produced by Haruomi Hosono and originally released in 1972 on URC (Underground Record Club), one of Japan’s first independent record labels. One of the most beloved works to come out …

Photo: Jemie Kelter Davis

日本の女性シンガー・ソングライターの草分け的存在として知られる金延幸子。音楽好きの家庭で育ち、60年代半ばからカレッジフォーク・シーンをきっかけとしてギターと歌を始める。ドノヴァン、ペンタングルなどのUKフォークのパイオニアたちを聴きながらギターと作曲を学び、69年に中川イサトらと”秘密結社〇〇教団”のメンバーとしてシングル「あくまのお話し / アリス」でURCから作曲とレコーディングデビュー。のち同メンバーで”愚”として活動。はっぴいえんど、遠藤賢司らと同期に春一番、中津川フォークジャンボリーなどのフェスティバルに出演し、72年に大滝詠一プロデュースのシングル「時にまかせて」、細野晴臣プロデュースのアルバム「み空」でソロ・デビューする。直後に世界初のロック評論誌「クロウダディ!」を創刊した音楽ライターポールウィリアムズと結婚して渡米し、いずれカリフォルニア州のソノマ地域に移住する。親友であったSF作家フィリップ・K・ディックの主張により、80年代に音楽活動を再起し、シングル「Fork in the Road / Tokyo Song」を自主制作する。80-90年代にはロック・バンド “カルチャーショック” のリーダーとしてアメリカ、ヨーロッパで活躍。94年に日本の音楽シーンに復帰。98年には『Fork in the Road』、99年には『Sachiko』を発表。同期に国内で「み空」のリイシューがされ、再評価される。2019年に米Light In The Attic レーベルから「み空」のリイシューされ、世界的に評価される。現在はアメリカ、ヨーロッパ、日本でライブ活動を再起している。

Sachiko Kanenobu is a singer-songwriter, who’s first solo album “Misora” (left) is a touchstone in the history of Japanese folk-rock of the 70’s. Light In The Attic Records has re-released Misora, available now. Earlier, LITA issued a compilation of songs from that era, “Even A Tree Can Shed Tears: Japanese Folk & Rock 1969-1973”, which featured  her song “Anata Kara Toku E”.

“Aside from Happy End, the groundbreaking band that had a song on the “Lost in Translation” soundtrack in 2003, most of the figures in Light in the Attic’s new Japan Archival Series have never had their music released in the West before.
But for years an avid collector community has been circulating their work and gathering string on the cast of characters: the enigmatic, smoky-voiced Maki Asakawa; Hachimitsu Pie, whose name (which means “honey pie”) was a bilingual nod to the Beatles; and Sachiko Kanenobu, a songbird who ended up in Philip K. Dick’s circle in California.”

From “The Hidden History of Japan’s Folk-Rock Boom” in the New York Times